エピローグ


ビルの間から見えた朝焼け
お願いだから時間よ
止まっておくれ

いつもの場所で
バカみたいに
じゃれ合っては
いつまで続くかわからない
永遠に身を委ねてた

あの時あの場所で
出会えてなくても
僕らはきっと
出会っていただろう
同じ結末に向かって


あの言葉が
掴んで離さない
何を願い 何を思い 何を祈る

その笑顔が消えてしまう前に
キレイに終わろう
側に居る事さえ出来ないなら


君の手を握りたかった
ぎゅっとぎゅっと強く
瞼に焼き付いた
あの朝焼けを二人で見たくて

思わず目を反らすその瞳
手の届かない赤い光









[←前|次→]
[編集]

ack