夢の続き


ゆらゆら揺れるその先には
あなたと見ていた夢の続き
ずっと続くわけがないなんて
そんな悲しいことばかり言わないで

どこにも放てないこの思いさえ
どこか愛しく感じるのはあなたのせい


見えなかった未来は
ただ見ていなかっただけ
正義だと思っていたことは
正解でも不正解でもなかった

あなたの指に絡ませた指
何も無かったかのように離れてゆく

世界で一番好きだって言ってくれた
あの言葉は本当だよね?
消えゆく太陽をあなたに重ねてた


ゆらゆら揺れるその先には
あなたと見ていた夢の続き









[←前|次→]
[編集]

ack