ゆっくり、ゆっくり


御堂筋線は今日も賑わっていて
誰も僕の存在には気付かない
心細くなる瞬間もあるけど
何だか一人じゃない気がした

街は早々と季節を進め 僕は相変わらず
周りを見渡して立ち止まったまま

ゆっくりと歩いていく
明日には何かが変わってるだろう
そう願ってどれくらい経つのかな
いつまでも見える景色は変わらない


都会には星がないって聞いてた
見上げると周りが明るすぎて
朝方かと思わせる光で錯覚を起こす

前にはあったはずのタバコ屋はもう潰れていて
彷徨う僕の手を誰かが掴んだ

ゆっくりと歩いていく
今日も無難に終わって行くなぁ
そう思って見上げた夜空は
今の僕には到底似合わない

ゆっくりと歩いていく
街中に明かりが溢れている
そう思って見据えた先には
変わらない笑顔の君が居た
いつまでも見える景色は変わらない









[←前|次→]
[編集]

ack