かみなり


君との出会いは突然
雷が落ちたように
体の真ん中を電気が走った

あの日の事は忘れらんないなぁ

君との出会いは突然
雷が落ちたように
体の真ん中を電気が走った
酷い言葉を浴びせたとしても
笑って許してくれるんだろうなぁ
その温もりにまた僕は救われる


いつになったら君は僕に涙を見せるの?
僕ばっかり泣いてバカみたいだ
酒に酔ったあの日も
なかなか寝付けないあの夜も
君の手はいつも側にあって
”永遠”を信じたかった


君との出会いは突然
雷が落ちたように
体の真ん中を電気が走った
酷い言葉を浴びせたとしても
笑って許してくれるんだろうなぁ
その温もりにまた僕は救われる

君との出会いは突然
雷が落ちたようだった

酷い言葉を浴びせたとしても
笑って許してくれるんだろうなぁ

僕は救われる









[←前|次→]
[編集]

ack