やさしい人になりたい


キラリと光ったその向こう
目を凝らしたけど見えない
私の思う”優しい”は
一体何だろうか。

打算か溢れるこの街に
埋もれ始めたのは紛れもなく僕自身

朝を迎えて 苦しくなる
夢の中の私はどんな時も卑怯だ

人の痛みをわかったつもりで
頭を撫でては見下していた
欲しかった物はこの手からすり抜けて
触れた感覚さえ今はない


深い闇の中歩き出す
目を塞いで耳も塞いで
掻き消すように叫んだ

朝を迎えて 苦しくなる
夢の中の私はどんな時も

目の前にあるものだけ信じて
去って行く君を追いかけもせず
僕の心は何のためにあるのだろう
見たい景色をまだ見ていない


どれだけ言葉を並べても
愛というものは伝わらない
見え透いた嘘もこの胸で受け止めて
痛みはいつか優しさに変わる









[←前|次→]
[編集]

ack