REMIND


海岸沿いを2人で歩く
距離は近いけれど触れられない
君との距離はこのままでいい
その笑顔をずっと見ていたいから

あの時君が放った言葉は
あの街に置いてきた
なのに何故こうも思い出すのだろう

僕は目を瞑ろうとした
君と歩いた道を見たくないから
僕は目を閉じてしまった
君との思い出に遭わないように


会わなくなった今でもずっと
君の事 想い続けてるよ
後悔に押しつぶされそうな
夜を越えて今日まで生きてきた

言葉の少なかった君から愛をもらった
今でもその愛を
抱きしめ続けてる


僕は目を瞑ろうとした
君と歩いた道を見たくないから
僕は目を閉じてしまった
君との思い出に遭わないように

君といた月日を1人で過ごせば
傷も想いを消えると信じてた
二人乗りの自転車君の後ろで
いつも笑っていたあの頃に戻りたい

時は戻らない
想いは叶わない









[←前|次→]
[編集]

ack