Ꭿκ۫۰


palegirl




xanboi


4nge1
xx0o


i can steal ur IP ↓ haha hck u
54.198.142.121


🌸


💻😎🔪❤❤❤❤❤❤❤❤🔗.X خطير X. Perlprogram💀🌿DNS-Protokoll穴📂、💞Programms の中で、ドメイン✨穴DNS💧サーバー💕さい⛅😂Zzumサーバー💾アル😍neue🔗ソフトウェア、installiert、nicht毛皮さい、第iに。💸TL;博士:パッチ💿毛皮dnscache 1.0.5
N🌊システム、関門識別💖 1$書き換えファストテロ💧
HDDアクセスとLAN数ルーレット鍵🔐破壊✨で恒久的

Photon intensity from 300 😎to 400 nm began to increase about 20 h after✨ infestation and showed two peaks at about ✨✨72 and 120 h.

プレーヤーさんたち、本当にお疲れ様ですっ(>人<;)♩♬♡゚*。今日の試合、めっちゃかっこよかった〜💗💗ゆっくり休んでくださいね!あたしももっとがんばんなきゃって思った!(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾💗💗💗トカレフでの銃殺


SIGNALS When bash is interactive, in the absence of any traps, it ignores SIGTERM (so that kill 0 does not kill an interactive shell), and SIGINT is caught and handled (so that the wait builtin is interruptible)






wikiリークスの根幹のオペレーションを管理しているのはケイオスcc



🔒
ヴァンニーヴァーブッシュのテクノクラシー、マクルーハンのメディア論に導かれ、WWWが登場し全世界がワイヤード上で情報を媒介するにあたって1984年を発端とし、脈々と築き上げられてきたサイバースペース。ペンタゴンがarpanetを完全閉鎖し、AppleMacintoshはCPUをIBMから貰い、象徴であったレインボーカラーが消失、その後PowerPC、Intelが登場した。そのAppleが悪魔に魂を売った94年に私は誕生し、ネット世代と呼ばれるに至る。数学、電気工学教授でパーソナルコンピュータ黎明期に貢献した祖父と新ロマン派画壇油絵画家の祖母により無線室とアトリエのある邸宅でコンピュータとマテリアルの英才教育を受けた。現代にも、ITガジェットを使いこなす魔女がいる(20世紀半ばの『現代魔女術復権運動』後の70年代のヒッピー文化やフェミニズム運動、サイバー文化の影響での伝統が変容してきた一貫に過ぎない)。また、サイバースペースの外においても身体/霊性を破壊する添加物食品の闇、統計学の真偽等は様々な場所で取り沙汰されてはいるが、かのスカイツリーのロンギヌスの槍や、陰陽道に纏わる東京に張り巡らされた結界、引き寄せの法則(魔術/悪魔教会)など、現代を構築する様々なアーキテクチャに介入しているオカルティズムがある。しかしマックス・ウェーバーは社会学の観点から歴史の変遷における合理化、脱魔術化の完結があったと述べた。ーすなわち教会や聖礼典による救済を完全に廃棄したということこそが、カトリシズムと比較して、無条件に異なる決定的な点だ。世界を呪術から解放するという宗教史上のあの偉大な過程、すなわち古代ユダヤの預言者とともにはじまり、ギリシャの科学的思惟と結合しつつ、救いのためのあらゆる呪術的方法を迷信とし邪悪として排斥したあの呪術からの解放の過程は、ここに完結をみたのだった。現代においては失われつつある人々の霊性や心眼が世界そのものから真理を読み取る際、例えばそれは近年のサイバースペースにおいて発達・更新され続ける上層のアプリケーション(ソーシャルネットワーキングシステム等)のなかで我々は交信/共有するイメージや言葉、数字、記号の中に潜ませた魔術を発信したり受け止めている。数秘術と記号はこの時ほぼ同じ魔術的役割を果たしていると考えられる。魂を個のものと考え始めた数学者でもあり教祖でもあったピタゴラスは、インドの輪廻転生を取り入れた魂を清めて解脱するカタルシス思想を持ちながら物質の形は数字で捉えられるため全ては数で出来ているという捉え方をしていたが、現代の自己変容文化、20世紀半ばのアメリカの文化運動からカウンターカルチャーの発生後、その系譜を現代のインターネット上で交錯する記号は辿っていると考えられる。言語学者イェルムスレウの記号の地層学的分類を手がかりとして、制度分析の可能性を構想したガタリの記号論、フーコーの言説分析は、イメージを共有するに至るSNSアーキテクチャにおいて、屡々引き合いに出される。オカルティズムを媒介する文字/画像において、信号もしくは意味作用のアプローチがあり、前者はコミュニケーションの意図が明示的に認知されるような記号、後者はコミュニケーションの意図が明示的には含まれていないにもかかわらず、解読者の側がそこに意味を見出すような記号によるものである。全世界がワイヤード上で情報を媒介するにあたって、魔術作用を含んだ記号を各各の国で多様に表現の一部として落とし込んでいくという芸術的な文化が生じる。その過程で象徴はイメージからファッション、音楽に落とし込まれたりして波紋していき、サタニズム、ニューエイジ、ゴシック、グランジ、メタルの要素を孕んだ末に生や死の観念へと帰結していく。最近では非キリスト教的な救済手段として、レイヴ文化やクラブ文化などと呼ばれる現代のダンス音楽文化のなかで流行に及んだウィッチハウスと呼ばれるムーブメントなども、視覚的な象徴主義によってその魔術的な効果を担っている。いわゆるミーハーな若者世代というのは敏感にそのようなムーブメントを察知し、個人の新たな自己表現を多様なアプリケーションを用いて容易に全世界に発信出来るようになった今、その表現の奥に潜む魔術効果ごと伝播させている。効果というのは霊魂に直接作用するような仕掛けであり、視覚や音から人々の意識に介入しある種サイケデリックな効果であったり想像力を刺激する、そうした過程は合理化・脱魔術化後の再魔術化に他ならない


mobile space